*

脱法ハーブの新たな呼び方-○○君

公開日: : 未分類

脱法ハーブ使用による交通事故で世間一般に知られることとなったが、合法ハーブともいわれるように、警察も効果的な取り締まりをできないでいる。簡単に言うと、警察が規制をかけても、規制を避けた配合や成分で新たなものが誕生し、まさにイタチごっごとなってしまっているのだ。
images (1)

危険ハーブよりよだれ君

そこで一般的に脱法ハーブの危険性を知らしめるために、新たな呼称を一般応募した。その結果「危険ハーブ」と呼称を変更することに決まったが、どうも一般に広まるとは思えないネーミングセンスなのだ。語呂もよくないし、ハーブティーなど安全なハーブがある中で、危険ハーブが何を指しているかがよくわからない。脱法ハーブが危険ハーブであるのなら、違法のハーブは危険ハーブではないのかと。そもそもハーブという呼称が認識を甘くしている。

以前暴走族の呼称を変えようという動きがあり、珍走団という呼称が一時的に話題になった。これはなかなか絶妙。「暴」「族」などいかにもカッコいいと思わせる部分を排除し、滑稽な表現で語呂もいい。こういうインパクトがあって、話題にならなければまず世間一般に広まることはない。

しかし脱法ハーブにも完成度の高い呼称がついに登場した。それは「よだれ君」。ワイドショーで松本人志が脱法ハーブをよだれ君と呼ぼうと提案しているのだ。これは素晴らしいインパクトで、最高にダサい。特に君付けにしたところにセンスを感じる。まあお堅いマスコミでこう呼ばれる可能性はゼロに近いが、どうせやるならこのくらいのインパクトがなければ意味がない。

警察のマーケティング力が弱すぎる

警察という組織柄なかなか柔軟にとはいかないのだろうが、他にも色々なキャンペーンでもほとんど話題にはなることはない。こういう重要な組織こそ、もっと民間人を取り入れるべきだと思う。もっと柔軟なアイデアを持ったPR担当や広報担当は民間企業にはたくさんいる。話題を意図的にしかけるクリエイターもいる。SNSで何千というコメントをもらうアカウントもある。国の組織はこういう民間の優秀な人を採用すべきなのだ。

今回も一般公募することで、民間の力を借りてやったつもりなのだろうが、決定を下す人物がお堅い人では何の意味もない。おそらく今回の公募でも、センスある呼称はあったのだと思うが、結局はそれを生かし切れていないのだ。であれば、センスある人物にPR・広報活動を一任させるほかない。このようなキャンペーンもマーケティングの一部と考えるのなら、警察という組織はあまりにもマーケティング活動に弱すぎると言わざるを得ない。

  

アドセンス

  

関連記事

なぜ飲み好きは人を誘うのか

飲みの人数を増やそうとする謎の生き物 この季節、新年会や忘年会など飲みの席が多くなりますね。。

記事を読む

懐かしの定番ゲームランキングを88年生まれが作ってみた!

90年代のゲームは名作ばかり! 88年生まれで、最後の昭和63年生まれ。幼稚園の時にスーパーフ

記事を読む

今ポンパレモールで買い物した方がいいよ!

に引き続きリクルートネタですが、とりあえずこのキャンペーン期間中にポンパレモールで買い物した方がいい

記事を読む

デーブ大久保が起こした不祥事一覧w

不祥事コーチの名高いデーブ大久保 2013年、楽天に初の日本一をもたらし、翌年の不振と体調の悪

記事を読む

ATPツアーファイナル2014出場選手の能力一覧

ツアーファイナル参加選手の強さが一覧でわかる 野球ゲームやサッカーゲームのように、テニス選手の強さ

記事を読む

マニアックな懐かしのゲームランキングを作ってみた結果

マニアックだが普通に面白いゲームランキング 定番作に引き続き、若干マイナーで個人的にはまったゲーム

記事を読む

リクルートの口コミキャンペーン絶対やった方がいいよ!

少なくとも1,000円もらえる口コミキャンペーン リクルートのレビューノートというサービスで、それ

記事を読む

ブラック企業がいやならやめればいいだけ

ブラック企業で働く人がいるからブラック企業は存続する ブラック企業が批判されている記事が多くあ

記事を読む

イスラム国と公安 私戦予備および陰謀とは

イスラム国参加の疑いで公安部から家宅捜索を受ける 先日警視庁公安部は、イスラム国に参加するために渡

記事を読む

黄色い鼻水や目やには花粉症ではありませんよ!

花粉症の合併症 2月下旬から4月にかけては、花粉症の方にとって最もつらい季節ですよね。かくいう

記事を読む

アドセンス

Message

PAGE TOP ↑