*

大島優子がアメブロをやめた理由は○○の方が儲かるから?

公開日: : 未分類

ブログで儲けている芸能人で有名なのは辻希美さん。その儲けは月500万ともいわれていて、年間にすれば5,000万以上のお金になるまさに金のなる木。人気芸能人からすれば、このような金のなる木とわかっているのになぜわざわざやめるでしょうか。
images (2)

理由は月額会員の方が儲かるから

実は大島さんがブログをやめると報告した記事には、オフィシャルサイトリニューアルの告知がったのです。それを見てみるとなんと優良コンテンツが存在しているのです!リニューアル後どうなるかはわかりませんが、300円コースと600円コース。もし1万人方が300円コースに登録すれば、毎月300万円の収入は確実。

実際大島さんがTwitterのアカウントを開設してからわずか4時間でフォロワーは10万人を突破。大島さんが発信する情報にはそれだけのニーズがあるというわけです。また大島さんのブログ更新もあまり多くはありませんでしたから、ファンからお金をいただいているんだから、ちゃんといいものを書きなさいと大島さん側にも強く言えるようにもなるのでしょう。

もう一つの理由はイメージチェンジ

お金の話ばかりしてしまいましたが、もう一つの理由はイメージチェンジでしょう。今までの王道アイドル路線から、タレント・女優の路線に変更していくのだと思います。さらにファンの層も今まで以上に女性をターゲットにしていきそうですね。もともと女性ファンは息が長く、飽きられることが少ないです。

芸能界で長く生きるのであれば、女性ファンを増やすことが大事。いま生き残っている女性タレントや女優は必ず女性ファンがいます。女性に嫌われてテレビに出られている人たちは、必ず後々消えていきます。だから大島さんも女性ファン目線を大切にしていくための、リニューアルとの考えられますね。

実際過激な写真で話題になった「脱ぎやがれ!」は女性の購入者も多いといいます。

そう考えると、AKBをやめてから成功している人って、今のところ大島さんくらいではないでしょうか。前田敦子さんもテレビにちょくちょく出ていますが、「出させてもらっている感」があまりにも強すぎますし、板野知美さんは炎上を繰り返しています。一方大島さんは出ればしっかり仕事をしますし、番組も引く手数多。女優としてではなく、バラエティータレントとしての露出が多いですが、スタッフ受けもいいらしく、まだまだ仕事はもらえそうでしょう。

結局AKBのいわゆる推しメンとしてついていたファンが離れてしまったということは、そのファンは結局個人のファンではなく、あくまでAKBのファンだったということなのでしょう。改めて恐るべし秋元康氏。。。

⇒全然関係ないけど急に経験人数が3倍になった話聞かない?
  

アドセンス

  

関連記事

モンスターハンター4Gの評価が低い理由

カプコンのモンスターハンター最新作「モンスターハンター4G」が先日発売されましたが、評価はかなり低め

記事を読む

少年達が万引きをする理由

なぜ少年は万引きをするのか 先日日本の高校生たちが遠征先の韓国で万引きに及んだことがニュースになっ

記事を読む

自分がどんどんダメになっていくので、会社を辞めることにした 前編

会社に甘え過ぎてるから退社したい 別に会社が悪いわけでは全くない。むしろ会社の居心地が良い分、

記事を読む

これさえあれば女の子と遊び放題じゃね?

今まではほとんど女の子と遊んでこなかった人生だったのですが、ペアーズというアプリにに登録してからと言

記事を読む

イスラム国とは。なるべく簡単に解説してみる。

イスラム国とはなんなのか イスラム国とは建国を目論む組織の名前で、国ではありません。 結

記事を読む

マニアックな懐かしのゲームランキングを作ってみた結果

マニアックだが普通に面白いゲームランキング 定番作に引き続き、若干マイナーで個人的にはまったゲーム

記事を読む

no image

安くていい遮光カーテンなら多分これ

楽天の「カーテンメーカーくれない」で購入できる「プレンティ」 引越しするとカーテンのサイズが変わっ

記事を読む

アイスバケツチャレンジは批判されるべきではない

アイスバケツチャレンジは素晴らしい活動だった この活動の広まりもあって、集まった募金はなんど5

記事を読む

富田選手の担当弁護士国田さんの経歴と狙いについて

国田弁護士はかなりグレー? 今世間を騒がせている水泳の富田選手によるカメラ窃盗事件。報道を見る

記事を読む

なぜそこまで矢口真里を叩くのか

矢口真里を叩く理由とは 復帰前も復帰後も叩かれまくっている矢口真里。それこそ昼顔が大流行した時期で

記事を読む

アドセンス

Message

PAGE TOP ↑