*

喋れるコミュ症の特徴とは・・・というかまんま自分だ!

公開日: : 未分類

世の中にはいろいろなコミュ障があるらしいです。中でも喋れるコミュ障というのがあって、そんなのコミュ障じゃないじゃん!と思ってみて見たら、まるっきり私でした。
tlC8KhNJR0CA2xdomLfx_DSC_0358-2

まあ私がコミュ障だったということより、私のような人間が他にも多くいることに驚きました。なかなか言葉にしずらいのですが、何とか文章にしてみたいと思います。

喋れるコミュ障の特徴

  1. 一対一の時は頑張ってしゃべる
  2. 団体になると空気を読んで静かになる
  3. 趣味が合う人とは初対面だろうとよく喋る

私の場合は、、、すべて当てはまっていますねw

もともと営業をやっていて、一対一の会話というのは苦手ではないです。さらに実は初対面でもそんなに苦ではありません。

その人だけを注意していればいいわけで、その人が嫌だとか反対するようなことを言わないということができます。おそらくそこに安心感を感じているのでしょう。

逆に大人数になると、それぞれ別の考えや興味・感心を持った人たちがいて、自分が何か言うと、誰かがそれに反対しているのではないかとか、誰かは興味ないからその話終わらせてくれないかと思っているのではないかと考え、黙ってしまいます。

しかし一対一の場合は、自分の隙を見せないために、相手になるべく多くの時間喋らせたり、間が開いてしまうとこの人会話が下手なのではと思われたくないので、興味のない話題でも積極的に話を振りますし、興味のあるフリをします。

おそらく自分を出してそれを否定されるのを極端に恐れているのだと思います。

コミュ障は人を見下して自分を守る

またコミュ障の特徴に「人を見下す」「人に興味がない」というのも挙げられるそうですが、これもがっちり当てはまっています。

そして人を見下している理由は、間違いなく自分を守るためです。確かに「人に興味ない」オーラは全開に出してはいますが、割と話は耳に入っていて実はめっちゃ羨ましかったりとか、実は真似してみたかったりとか。

でもそこで羨ましいとは口が裂けても言えないわけです。その話に食いついたら、こいつ興味津々じゃんとなるので、興味がないふりして話を聞いています。

それをこじらすと、興味がないと思い込むというところから、この人たちは自分より劣る人物で、恨めしいことなんて一切ない、話を聞くに値しないと自然と思い始めるのだと思います。

目上の人と話すのは気が楽

逆に目上の人と話すのは気が楽です。もしその人に否定されたとしても、先輩であり、自分よりも経験が豊富で、自分が劣るのが当たり前だから、自分を執拗に守る必要がないのです。

一番苦手なのは自分より下の人。もし自分より下の人に心の中で反対されていたら、この人かっこ悪いなと思われていたら、と考えると「俺興味ないから」というオーラを出し始めて、守りに入ります。

例え何か自分に劣る部分があっても、劣ってるんじゃなくて「興味がないだけ」だからという言い訳ができるからです。まさに「酸っぱいブドウ」ですね。

コミュ障になる原因

結局話し方がわからないとか、話題がないとかそうゆうテクニカルな部分ではなくて、自分に自信がないから、人と話すことができないと結論付けています。

こうゆう自分みたいな人が、いくら人間関係のテクニカルな本を読んでも変わるはずがありません。もっと根本的なところを見直さなければならないのです。

といっても自分に自信を持つなんて簡単にできることではないので、自信がない部分、コンプレックスだと思う部分をさらけ出してしまうのが一番簡単だと思いますし、少しずつそれができるようになって、気が楽になってきた気がします。

まあ現状日常生活に支障はきたすほどでは全くありませんし、仕事もコミュニケーションがネックとなることはないですが、自分の可能性が広がるのであれば、是非改善していきたいですね。

⇒全然関係ないけど急に経験人数が3倍になった話聞かない?
  

アドセンス

  

関連記事

少年達が万引きをする理由

なぜ少年は万引きをするのか 先日日本の高校生たちが遠征先の韓国で万引きに及んだことがニュースになっ

記事を読む

no image

マックの異物混入くらいで騒ぎ過ぎ

外食大手の異物混入問題 最近増えてますね。この手のニュース。一番盛り上がったのはぺヤングのゴキ

記事を読む

錦織圭の彼女の正体・・・まじか。。。

錦織の彼女の正体 今日本のスポーツ界で一番と言っていいほどに注目を浴びている錦織圭。一部報道では婚

記事を読む

イスラム国と公安 私戦予備および陰謀とは

イスラム国参加の疑いで公安部から家宅捜索を受ける 先日警視庁公安部は、イスラム国に参加するために渡

記事を読む

自分がどんどんダメになっていくので、会社を辞めることにした 後編

父が亡くなった メディアに来て約一年。先月父が63歳で亡くなりました。心臓が弱いのは知っていました

記事を読む

デーブ大久保が起こした不祥事一覧w

不祥事コーチの名高いデーブ大久保 2013年、楽天に初の日本一をもたらし、翌年の不振と体調の悪

記事を読む

大食いなのになぜ太らないのか

大食いで有名なのはギャル曽根さんですが、あれだけ食べても太らないのはあまりに不思議。太るどころか痩せ

記事を読む

佐世保女子高生殺人事件は防げなかったのか

防げなかったと考えています 世の中には天才と呼ばれる人がごく少数います。ピカソに然り、エジソン

記事を読む

なぜそこまで矢口真里を叩くのか

矢口真里を叩く理由とは 復帰前も復帰後も叩かれまくっている矢口真里。それこそ昼顔が大流行した時期で

記事を読む

伝説的なスナイパーはクリスカイルの他にも存在した

スナイパーとはいかほどなものか 先日アメリカンスナイパーを見てきたのですが、戦場のリアルな描写

記事を読む

アドセンス

Message

PAGE TOP ↑