*

ツアーファイナルのフェデラー対錦織戦の考察と敗因

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 テニス

フェデラーの技術もすごかったが錦織の技術もすごかった

何がすごかったかというと、ラリーのスピードです。ボールのスピードではなく、ラリーと展開がすさまじいスピードでした。
img_dab781719a0543ddd40a37b7567aab34161265
試合を見ていると強烈な球をお互いに打ち合っているのですが、なんとどちらもベースラインを踏みそうなくらい前でラリーを展開しているのです。

お互いにライジングで打ち合うとなると、ラリースピードは恐ろしく早くなります。試合中に実況が「速い!」と思わずこぼしたラリーに関しては、卓球かと思うほどのスピードでした。

松岡修三をして「僕がテニス界に天才と思うプレーヤーは二人のみ。その二人とは錦織とフェデラー」と言わしめたほどです。

支配していたのはフェデラー

ただこのスピードは錦織が望むスピードより少し早かったように思います。フェデラーに先に攻められたら負けるという気持ちがあったのでしょう。なので錦織は少し攻め急いでしまいます。

その結果、決して悪いミスばかりではないものの、ミスが多発しました。

とはいえ攻めのスピードを落とせば、フェデラーに一方的に攻められる可能性があったため、このスピードで戦う以外の選択肢がなかったというのが実情だと思います。これも含めて絶対王者フェデラーの支配力ということでしょう。

サーブが命取りに

かなりハイレベルな試合だったことに間違いはなかったのですが、見ての通りサーブが命運を分けました。
BNP Paribas Masters - Novak Djokovic v Kei Nishikori
まず目に付くのはダブルフォルトの数。マレー戦でも8本ありましたが、フェデラー戦でも7本と非常に多い数値です。少なくとも1ゲーム分は、フェデラーとしては何もせずにブレークできたことになります。

またファーストサーブの確率と威力。フェデラーが7本サービスエースを決めたのに対し、錦織は1本。これに関しては初めからサーブ力に差があったのでしょうがない部分ですが、確率が低かったのは問題でした。

後半はファーストサーブの威力を落とすことで確率を上げましたが、結果ファーストサーブでポイントを失う確率も増やしてしまいました。

もし錦織がブレークを許さずタイブレークに持ち込んでいれば、十分に勝機はありました。錦織もブレークポイントを握ったゲームはあったのです。

今後の課題

サーブの修正はもちろんですが、錦織の身長ではこれ以上サーブの強化を図っても見合った成果は上がらないように思います。課題はさらなるストロークの強化でしょう。

サービスをキープできなかったとしても、ブレークをすれば取り返すことができます。実際ストローク戦にもちこめばフェデラーとは互角以上の勝負をし、セカンドサーブでは何本かリターンエースをとっています。

ナダルもエースをとるようなサーブは打ちませんが、ランキングは常に上位3位以内。サーブが強くなくとも勝つことは十分できるのです。是非フェデラーの引退前には、大舞台でフェデラーに勝ってほしいですね。

  

アドセンス

  

関連記事

勝てない相手はもういないと語る錦織は本当か

勝てない相手はもういないという発言のすごさ この言葉が一人歩きしてしまっていますが、前からテニスを

記事を読む

全豪2015の初戦アルマグロのプレースタイルは

アルマグロの強さとは 全豪2015年の初戦。錦織の相手はニコラス・アルマグロになることが決定しまし

記事を読む

錦織の参加が決定したATPワールドツアー・ファイナルはどれだけすごいのか?

錦織のATPワールドツアー・ファイナル2014出場はすご過ぎる バリバ・マスターズでベスト4に輝い

記事を読む

ダビド・フェレールの強さとプレースタイル

スペインのベテランフェレール 全豪4回戦で錦織と戦うことになるフェレール。かつてはランキング3位ま

記事を読む

錦織選手の年収は驚きの20億!?

おそらく今年日本で一番活躍したスポーツ選手の一人と思われる錦織圭選手。グランドスラム準優勝を果たし、

記事を読む

ミカエル・ユーズニーの特徴とプレースタイル

軍曹と呼ばれるロシアのベテランパワーヒッター 元世界ランク8位のプレイヤーで、ラケットを頭に乗せ敬

記事を読む

錦織圭のプレースタイル 強さの秘密とは

錦織のプレースタイルはベースラインプレイヤー 錦織のプレースタイルは、基本的にはベースラインプレイ

記事を読む

片手バックハンドがかっこよすぎるガスケ

ガスケの片手バックハンドが世界一かっこいい 片手バックハンドフェチのみなさんこんにちは。今日は片手

記事を読む

トマーシュ・ベルディヒのプレースタイルと強さ

チェコ出身196cmの長身の選手で、2010年から5年連続トップ10入りをしている超実力派。日本語表

記事を読む

アンディーマレーのプレースタイルと強さ

マレーの強さはわかりずらい ファイナルツアーで錦織と戦うことになったアンディマレー。4強の一人です

記事を読む

アドセンス

Message

PAGE TOP ↑