*

アイスバケツチャレンジは批判されるべきではない

公開日: : 未分類

アイスバケツチャレンジは素晴らしい活動だった

この活動の広まりもあって、集まった募金はなんど55億円!そのうちの50億円がアイスバケツチャレンジの効果とも言われています。
icejpg
もうこの数字を見れば明らかで、目立ちたいだけとか、なんだとかの批判はもはやどうでもいいくらいに、素晴らしい結果が出たのは事実です。

あ、ちなみに自分は参加していません。。。
声がかからなかったという言い訳もできますが、声をかけられたとしてもやっていたかどうか。正直1万払うのはあまりにでかすぎるし、普通に考えて氷水もかぶりたくないし。。。
ぶっちゃけ声がかからなくてよかったなぁと思います。。。

なのでどんな形にせよ、参加した方々には賞賛の意を表明したいと思っている次第です!

ちなみにアイスバケツチャレンジには3つの立ち位置があると思います。「募金を受ける人」「活動に参加した人」「活動に参加していない人」

この「活動に参加した人」には批判的な意見が多数上がりました。

それは以下のようなものです。

・芸能人の売名行為。
・自分募金していますアピールをしたいだけ。
・騒ぎたいだけ。
・ALSの理解はそっちのけ
‥等

まあ全部その通りですね。ALSが何を表しているかなんて自分も知りませんし、アイスバケツチャレンジを派手にやろうとして、怪我したり逆にお金をかけすぎてる人もいるみたいでしたし。

ロンドンブーツの田村淳さんなんかはツイッター炎上を起こしていましたね。「募金は黙ってしろ」とか「ただの売名行為」だとか。

そして田村淳さんから指名を受けた武井壮さんは、アイスバケツチャレンジのやり方には疑問があるとはっきり言ったことで、賞賛を受けていました。

募金は金額

でも「募金をされる人」からすれば正直プロセスなんかどうでもよくて、募金で一番重要なのは金額のみ。いくら思いが強くても、苦しんでいる人の気持ちを理解できたとしても、最終的に多く募金をした人のほうが人を助けられるのです。

悲しいかもしれませんが、これは紛れもない事実です。募金を受ける側からすれば、重要なのは「気持ち」ではなく「金額」です。

その金額にフォーカスすれば、アイスバケツチャレンジがどれだけ成果を上げた素晴らしい活動だったかが理解できるでしょう。

若干強制力が強すぎる

アイスバケツチャレンジには3つの立ち位置があるといいました。「募金を受ける人」「活動に参加した人」「活動に参加していない人」

自分は「活動に参加していない人」となるわけですが、その立場からすると、ちょっとやり方がえぐい。私は声がかかるのではないかと震えていたクチです。

というのもfacebook上で指名するため、必然的に公衆の面前で指名されることになります。そうなればそれをスルーしたり、きっぱりと断るのはちょっと気が引けてしまいますよね。「自分は募金活動の誘いを断りました!」と宣言することになりますから。。。

だからこそ、「活動に参加していない人」達からは批判が上がったのだと考えます。この火種を消さなければ自分に火の粉がかかる可能性があるということですね。

ただ結論は募金活動としては大成功だったということでしょう。

  

アドセンス

  

関連記事

予防接種は効果がないから打たなくていいと言うのはウソだった?

インフルエンザワクチンは効果がないわけではない この前会社でインフルエンザの予防接種を受けてき

記事を読む

なぜ飲み好きは人を誘うのか

飲みの人数を増やそうとする謎の生き物 この季節、新年会や忘年会など飲みの席が多くなりますね。。

記事を読む

イスラム国とは。なるべく簡単に解説してみる。

イスラム国とはなんなのか イスラム国とは建国を目論む組織の名前で、国ではありません。 結

記事を読む

高校3年の半年で偏差値50から60に上げるために大切な5つのこと

残念ながら巷にあふれる、教科書も開いたこともないような人が大逆転で東大に受かる話ではありません。もう

記事を読む

今さらながらキングダムが面白すぎ

今さらながらキングダムが面白すぎ みなさまキングダムをご存知でしょうか?週刊ヤングジャンプで連載中

記事を読む

これさえあれば女の子と遊び放題じゃね?

今まではほとんど女の子と遊んでこなかった人生だったのですが、ペアーズというアプリにに登録してからと言

記事を読む

今ポンパレモールで買い物した方がいいよ!

に引き続きリクルートネタですが、とりあえずこのキャンペーン期間中にポンパレモールで買い物した方がいい

記事を読む

脱法ハーブの新たな呼び方-○○君

脱法ハーブ使用による交通事故で世間一般に知られることとなったが、合法ハーブともいわれるように、警察も

記事を読む

大食いなのになぜ太らないのか

大食いで有名なのはギャル曽根さんですが、あれだけ食べても太らないのはあまりに不思議。太るどころか痩せ

記事を読む

黄色い鼻水や目やには花粉症ではありませんよ!

花粉症の合併症 2月下旬から4月にかけては、花粉症の方にとって最もつらい季節ですよね。かくいう

記事を読む

アドセンス

Message

PAGE TOP ↑