*

ノバクジョコビッチの特徴とプレースタイル

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 テニス

世界No1プレイヤー

現在27歳のセルビア出身のプレイヤーです。現在世界ランキング1位で、2011、12、14年もランキング1位でシーズンを終え、押しも押されぬNo1プレイヤーと言って問題ないでしょう。
ジョコビッチ31
しかしフェデラーやナダルに比べると、ややプレーのインパクトが薄いような気もします。ジョコビッチの強さは何によるものかを解説していきます。

全く隙のない選手

彼がフェデラーやナダル等名だたるスタープレイヤーをなぎ倒し1位になれた要因は、なんといっても「隙がない」というところでしょう。

ナダルであればバックハンドやサーブがあまりよくないと言われており、フェデラーに関してもバックがやや弱く、フィジカル面も少し弱点とも言われておりました。

しかしジョコビッチに関しては本当に弱点がないのです。唯一上げればネットプレーが少ないということですが、これはプレースタイルの問題です。

サーブ・リターン・フォア・バック・フットワーク全てにおいて高次元なプレーができ、どのプレーでもポイントを取ることができる選手です。

世界最高のグラウンドストローク力

プレースタイルはベースラインプレイヤーで、そのストローク力は現在世界最高の呼び声が高いです。攻撃・守備共に世界最高レベルでしょう。

コートカバー力

ジョコビッチが足をほぼ180度に近く開脚させストロークを打つ写真はよく目にしますが、このプレーをできるのは現在ジョコビッチくらいなものです。

このように足を広げなくとも、ボールを打ち返すことはできます。しかしこのプレーがすごいのは、体が止まっているためボールをしっかりコントロールできるところと、次のストロークへの準備が早くオープンコートを作らないところです。

そのため相手に攻められても甘いボールで返球することは少なく、多少甘くなってもオープンコートを作らないため、ジョコビッチからポイントを奪うのは容易ではありません。

このようにどんなボールを打ち込んでも返ってくることから、「まるで壁に向かって打っているようだ」と表現する選手も多いです。

ポイントを取るストローク

フォア・バック共にポイントを量産できるほどの技術を持っています。フォアであればベースラインの内側に入り、ライジング気味に打つクロスが素晴らしいですね。角度がかなり深く、このショットを打つ選手はジョコビッチ以外あまり見かけません。

バックに関しては、ベースラインの外側からでもエースをねらえるダウンザラインが強力な武器になっており、両手打ちのバックハンドに関しては、世界一の技術を持っているとも言われています。

弱点

残念ながら特に見当たりません。だから世界No1だということです。しいていうなら圧倒的な強みがないというところ。隙がないからと言って全く負けないというわけではありません。

フェデラーのフォアやラオニッチのサーブなど、このプレーであれば確実にポイントが取れるというプレーがないため、相手に強みを出されてしまうと押しきられることもあります。

  

アドセンス

  

関連記事

錦織選手の年収は驚きの20億!?

おそらく今年日本で一番活躍したスポーツ選手の一人と思われる錦織圭選手。グランドスラム準優勝を果たし、

記事を読む

フェリシアーノ・ロペスの特徴とプレースタイル

スペインが誇るベテラン スペイン出身の33歳で、キャリアハイは12位。スペイン出身で左利きですが、

記事を読む

錦織の参加が決定したATPワールドツアー・ファイナルはどれだけすごいのか?

錦織のATPワールドツアー・ファイナル2014出場はすご過ぎる バリバ・マスターズでベスト4に輝い

記事を読む

片手バックハンドがかっこよすぎるガスケ

ガスケの片手バックハンドが世界一かっこいい 片手バックハンドフェチのみなさんこんにちは。今日は片手

記事を読む

ダビド・フェレールの強さとプレースタイル

スペインのベテランフェレール 全豪4回戦で錦織と戦うことになるフェレール。かつてはランキング3位ま

記事を読む

ラオニッチのプレースタイルと強さ

ビッグサーバーのラオニッチ ファイナルツアーで錦織と戦うことになったラオニッチ。実は錦織の1歳下で

記事を読む

勝てない相手はもういないと語る錦織は本当か

勝てない相手はもういないという発言のすごさ この言葉が一人歩きしてしまっていますが、前からテニスを

記事を読む

ATPツアーファイナル2014がBS朝日で生中継決定!!!

ATPワールドツアーファイナル2014が無料で見れる!!! 皆様朗報です!BS朝日でツアーファ

記事を読む

no image

ツアーファイナルのフェデラー対錦織戦の考察と敗因

フェデラーの技術もすごかったが錦織の技術もすごかった 何がすごかったかというと、ラリーのスピードで

記事を読む

トマーシュ・ベルディヒのプレースタイルと強さ

チェコ出身196cmの長身の選手で、2010年から5年連続トップ10入りをしている超実力派。日本語表

記事を読む

アドセンス

Message

PAGE TOP ↑