*

錦織圭のプレースタイル 強さの秘密とは

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 テニス

錦織のプレースタイルはベースラインプレイヤー

錦織のプレースタイルは、基本的にはベースラインプレイヤーです。ベースラインプレイヤーというのは、主にストロークを武器にして戦うスタイルで、他にはサーブが武器のビッグサーバー(アンディ・ロディック)や、ネットプレイで攻めるサーブ&ボレー(ティム・ヘンマン)、柔軟に対応するオールラウンダー(ロジャーフェデラー)などが挙げられます。
OV0WFNHR16
近代テニスの主流はベースラインで打ち合うスタイルで、トッププレイヤーだとジョコビッチやナダルが典型的です。

そしてその中でももちろんそれぞれの特徴があります。ナダルはトップクラスのフットワークと、強烈なスピンがかかったストロークでラリー戦に持ち込むタイプ。方やジョコビッチは、粘りつつもスピードの速い球でウィーナーを奪うタイプ等々。

他のベースラインプレイヤーと比べるとオールラウンダー型に近い

では錦織はどうかというと、ベースラインプレイヤーの中でのオールラウンダーと言えるでしょう。前は厚いグリップから放たれるフォアが武器でしたが、最近ではバックハンドも安定してきていて、フットワークも非常にいい。

また隙あらばネットに詰めるような動きもするため、全体的にはオールラウンダー寄りの、ベースラインプレーヤーというのが今の錦織のプレースタイルです。

エアKをが減ってから強くなった錦織

一時期有名になったのはジャンプをしながらフォアで強烈なショットを打つ「エアK」でしたが、それをあまり使わなくなってから順位が上がってきたのは、無理に決めに行かない安定したスタイルに変わったからだと思います。

そもそも「エアK」と名前が付くほど、特徴的なショットであるということは、他のプロはそのようには打っていないということです。実際「エアK」は非常に無理があるショットで、高く跳ね上がったボールを打つために、両足を地面から大きく離して打つと体重が乗りづらく、タイミングも取りづらい。
081001
だから他のプレーヤーはその球が落ちてくるのを待って打っているわけで、錦織はそれを待たずに無理やり打っているというのが正しい認識でしょう。ただ「エアK」はめちゃくちゃかっこいいので、ファンとしては期待しちゃいますよね。。。

とまあ、昔ほどの派手さはなくなったものの、バランスが非常によく安定したテニスができるようになってきているのが最近の錦織です。またショットの選び方も非常にクレバーで、適時ドロップショットを使ったり、ラリー中に相手の完全に逆を突くことでスライスでエースを取るなど、戦い方も非常にうまい。

弱点があるとすれば、やはりサーブ。他のプロに比べ、身長が低い分弱点になるのはしょうがない部分ですが、、、

⇒全然関係ないけど急に経験人数が3倍になった話聞かない?
  

アドセンス

  

関連記事

勝てない相手はもういないと語る錦織は本当か

勝てない相手はもういないという発言のすごさ この言葉が一人歩きしてしまっていますが、前からテニスを

記事を読む

片手バックハンドがかっこよすぎるガスケ

ガスケの片手バックハンドが世界一かっこいい 片手バックハンドフェチのみなさんこんにちは。今日は片手

記事を読む

ノバクジョコビッチの特徴とプレースタイル

世界No1プレイヤー 現在27歳のセルビア出身のプレイヤーです。現在世界ランキング1位で、2011

記事を読む

アンディーマレーのプレースタイルと強さ

マレーの強さはわかりずらい ファイナルツアーで錦織と戦うことになったアンディマレー。4強の一人です

記事を読む

錦織選手の年収は驚きの20億!?

おそらく今年日本で一番活躍したスポーツ選手の一人と思われる錦織圭選手。グランドスラム準優勝を果たし、

記事を読む

ワウリンカのプレースタイルとは

今注目のワウリンカの強さの秘密とは 今年の全豪オープンで初優勝を果たし、ビッグ4を脅かすまでになっ

記事を読む

トマーシュ・ベルディヒのプレースタイルと強さ

チェコ出身196cmの長身の選手で、2010年から5年連続トップ10入りをしている超実力派。日本語表

記事を読む

ラオニッチのプレースタイルと強さ

ビッグサーバーのラオニッチ ファイナルツアーで錦織と戦うことになったラオニッチ。実は錦織の1歳下で

記事を読む

フェルナンド・ベルダスコの特徴とプレースタイル

ハードコートが得意なスペインの選手 スペイン出身のベテランで31歳の選手。自身の最高ランクは世界7

記事を読む

no image

ツアーファイナルのフェデラー対錦織戦の考察と敗因

フェデラーの技術もすごかったが錦織の技術もすごかった 何がすごかったかというと、ラリーのスピードで

記事を読む

アドセンス

Message

PAGE TOP ↑