*

ワウリンカのプレースタイルとは

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 テニス

今注目のワウリンカの強さの秘密とは

今年の全豪オープンで初優勝を果たし、ビッグ4を脅かすまでになったワウリンカ。楽天オープンでは堂々の第1シードで参戦。日本ではビッグ4や錦織の影に隠れて、あまり知名度は高くないのですが、楽天オープン優勝候補ワウリンカのプレースタイルをおさらいしておきましょう。
waw1408bkg

ワウリンカのバックハンド

ワウリンカの特徴といえば、やはり片手から放たれる強烈なバックハンド。マッケンローをして「現役で片手バックハンドが一番うまい選手」と言わしめたほど。片手バックではやはりフェデラーが一番有名ですが、実際のプレーを見るとワウリンカの方がやはり上です。

ワウリンカのバックは攻めがしっかりできていて、片手であれだけのスピードボールを連発して打てるのはすごいです。バックに打ち込まれたからと言って、スライスで守りに入ろうとはしません。両手と違い片手の方が腕の可動範囲が広く、テイクバック時にコースが読みずらいため、相手の逆をつく玉も必然的に増えます。

また短いボールやアングルの効いたボールがバック側に来ると、片手バック特有のアングルショットでエースを狙いに行くことができます。よく手首でこするようにしてライジング気味に打つショットですね。

決め球は強烈なフォアハンド

ではバックでポイントを取っているかというと、本当の決め球はフルスイングのフォアハンド。普通であれば、強烈なフォアを打たれまいとバックハンドを狙うのですが、ワウリンカにはそれは通用しない。そのためフォア側にボールを送る羽目になり、強烈なフォアでポイントを取られるという流れになってしまいます。

実際バック側に来た甘いボールに回り込んで、強烈なフォアでエースを取るシーンは結構多いです。基本的にはフォアもバックも守りに入るケースは少なく、その分ミスも多いですが、派手なショットで見ごたえがあります。いくらワウリンカと言っても高い打点のバックハンドだと、威力が落ちてしまいます。

ダブルスではフェデラーと組み、オリンピックで優勝経験もあるほどボレーの技術も高いものを持っており、ネットプレイも使うため、オールラウンダー型と言っていいでしょう。

弱点があるとすれば、メンタルとスタミナと言われていきましたが、近年のワウリンカはそれを克服してきたからこそ今の強さがあります。今ビック4を脅かす存在がいるとすれば、スタニスラス・ワウリンカでしょう。

ATPツアーファイナル2014出場選手の能力一覧

  

アドセンス

  

関連記事

ミカエル・ユーズニーの特徴とプレースタイル

軍曹と呼ばれるロシアのベテランパワーヒッター 元世界ランク8位のプレイヤーで、ラケットを頭に乗せ敬

記事を読む

錦織選手の年収は驚きの20億!?

おそらく今年日本で一番活躍したスポーツ選手の一人と思われる錦織圭選手。グランドスラム準優勝を果たし、

記事を読む

錦織圭のプレースタイル 強さの秘密とは

錦織のプレースタイルはベースラインプレイヤー 錦織のプレースタイルは、基本的にはベースラインプレイ

記事を読む

フェリシアーノ・ロペスの特徴とプレースタイル

スペインが誇るベテラン スペイン出身の33歳で、キャリアハイは12位。スペイン出身で左利きですが、

記事を読む

片手バックハンドがかっこよすぎるガスケ

ガスケの片手バックハンドが世界一かっこいい 片手バックハンドフェチのみなさんこんにちは。今日は片手

記事を読む

全豪2015の初戦アルマグロのプレースタイルは

アルマグロの強さとは 全豪2015年の初戦。錦織の相手はニコラス・アルマグロになることが決定しまし

記事を読む

ダビド・フェレールの強さとプレースタイル

スペインのベテランフェレール 全豪4回戦で錦織と戦うことになるフェレール。かつてはランキング3位ま

記事を読む

アンディーマレーのプレースタイルと強さ

マレーの強さはわかりずらい ファイナルツアーで錦織と戦うことになったアンディマレー。4強の一人です

記事を読む

no image

ツアーファイナルのフェデラー対錦織戦の考察と敗因

フェデラーの技術もすごかったが錦織の技術もすごかった 何がすごかったかというと、ラリーのスピードで

記事を読む

勝てない相手はもういないと語る錦織は本当か

勝てない相手はもういないという発言のすごさ この言葉が一人歩きしてしまっていますが、前からテニスを

記事を読む

アドセンス

Message

PAGE TOP ↑