*

錦織圭の彼女の正体・・・まじか。。。

公開日: : 未分類

錦織の彼女の正体

今日本のスポーツ界で一番と言っていいほどに注目を浴びている錦織圭。一部報道では婚約もささやかれているがその正体に迫る。錦織程の一流スポーツ選手の彼女なれば、芸能人やモデル、アナウンサーや金髪美女などいろいろ想像できますが、果たして。

実はそんなにべっぴんさんではない

もう結論から言ってしまうとそんなに可愛くない。もちろんブサイクではないものの、日本テニス界の至宝の彼女と思ってみると「マジ!?」ってなるのは確かです。
f865794d15dd673f601f5fa7f90b7772
彼女の正体は「坪井保菜美」さん。89年生まれで2008年北京オリンピックの新体操日本代表選手。彼女もまた一流アスリートでした。錦織選手もまた89年生まれで同い年。そういえば前話に上がった福原愛選手は1つ上でしたね。そう考えると錦織選手はしっかり中身をみて恋人を決める実直な性格なのでしょう。

結婚はあるのか

すでに交際を始めて3年以上と言われているます。となると結婚の話が出てきますが、実はもう婚約状態にあるといいます。また一部報道にはグランドスラムで優勝したら結婚してあげるなどと言われているようで、おそらく日本で一番理想の高い彼女では(笑)日本人で彼女と結婚できる人がいるとすれば、後にも先にも錦織圭以外いないかもしれませんね。

でもなんか爽やかでいいカップルですよね。別に錦織の彼女が金髪の美女でも全然いいですし、その資格が彼にはあるはずですが、その中でも坪井保菜美を選ぶあたりが本当の愛を感じます。

やはりスポーツ選手同士でしかわかりあえない悩みや苦悩があり、それを分かち合える相手ということなんだと思います。でも実は現役のテニス選手で結婚している選手は非常に少ないのです。現在トップ10している選手の中で結婚しているのはフェデラーのみ。フェデラーも30歳を超えていい年齢ということなのでしょうが、野球やサッカー選手に比べ圧倒的に晩婚。

その理由は海外遠征でほとんど一緒にいれないということでしょう。テニスに関しては基本的に国内の大会にだけ出ていてもランキングを上げることはありません。シーズン中のほとんどを海外で過ごすことになります。なのでどうしても結婚は遠のいてしまうのは致し方ないかもしれません。有名選手たちも割と引退してから幸せな結婚生活を送るというのが定番のようです。

かつての名選手ヒューイットも結婚し子供ができてから、ランキングがガクッと下がりました。やはり家族を残して海外遠征すると心配になったり、寂しさからツアーに集中できなくなったりということもあるようです。

そう考えるとグランドスラム優勝してから結婚するというのは、それまではテニスに集中していてほしいという坪井さんなりの支え方なのかもしれませんね。

  

アドセンス

  

関連記事

伝説的なスナイパーはクリスカイルの他にも存在した

スナイパーとはいかほどなものか 先日アメリカンスナイパーを見てきたのですが、戦場のリアルな描写

記事を読む

アイスバケツチャレンジは批判されるべきではない

アイスバケツチャレンジは素晴らしい活動だった この活動の広まりもあって、集まった募金はなんど5

記事を読む

自分がどんどんダメになっていくので、会社を辞めることにした 後編

父が亡くなった メディアに来て約一年。先月父が63歳で亡くなりました。心臓が弱いのは知っていました

記事を読む

佐世保女子高生殺人事件は防げなかったのか

防げなかったと考えています 世の中には天才と呼ばれる人がごく少数います。ピカソに然り、エジソン

記事を読む

ATPツアーファイナル2014出場選手の能力一覧

ツアーファイナル参加選手の強さが一覧でわかる 野球ゲームやサッカーゲームのように、テニス選手の強さ

記事を読む

黄色い鼻水や目やには花粉症ではありませんよ!

花粉症の合併症 2月下旬から4月にかけては、花粉症の方にとって最もつらい季節ですよね。かくいう

記事を読む

イスラム国とは。なるべく簡単に解説してみる。

イスラム国とはなんなのか イスラム国とは建国を目論む組織の名前で、国ではありません。 結

記事を読む

自分がどんどんダメになっていくので、会社を辞めることにした 前編

会社に甘え過ぎてるから退社したい 別に会社が悪いわけでは全くない。むしろ会社の居心地が良い分、

記事を読む

no image

May Jが叩かれる理由それは・・・

May Jはなぜ叩かれるのか アナと雪の女王の主題歌である『レット・イット・ゴー』を歌い、一躍

記事を読む

リクルートの口コミキャンペーン絶対やった方がいいよ!

少なくとも1,000円もらえる口コミキャンペーン リクルートのレビューノートというサービスで、それ

記事を読む

アドセンス

Message

PAGE TOP ↑